指イッポン1分で簡単設定!iPhoneで中国語を入力する方法

AppleiPhone机型比较

iPhoneで中国語を使えるようにする方法を紹介します。片手で1分程度で設定が出来るので、留学の予定が無くても、中国語を勉強中の方は、必ず設定することをオススメします。

中国語の入力環境があると、wechatなどのSNSで中国語でメッセージを発信することが気軽に出来るようになります。中国語の入力はピンインが基本です。そのため、遊び感覚で読み方を自然に覚えることが出来ますので、ぜひお試し下さいね。

さらに、中国語の入力方法だけでなく、iPhoneを完全中国版にする設定方法も紹介します。
強制的に中国語に慣れることも出来ますよ。

まずは、中国語入力キーボードを追加する設定から紹介します。

iPhoneは、中国語の簡体字、簡体字に対応しています

iPhoneは世界で販売されているため、設定の中には世界の58言語(同じ言語で地域が異なるものも含む)が用意されています。中国語のキーボードを追加するだけで、中国語の入力が出来るようになります。中国語入力は、簡体字、簡体字への対応、読み方がわからない場合に便利な手書き入力することも出来ます。

上海へ出張や留学を考えている方は、簡体字の設定追加してくださいね。

iPhoneに中国語入力設定を追加する方法

iPhoneの一般設定でキーボード追加

iPhoneの設定アイコンをクリックして、中国語の設定をスタート!
iPhone中国語設定

「一般設定」をタップします。
iphone中国語入力00002

「キーボード」をタップします。
iphone中国語入力00003

さらにもう一度「キーボード」をタップします。ここまで10秒経過。
iphone中国語入力00004

「新しいキーボードを追加…」をタップします。
iphone中国語入力00005

ついにお目当ての中国語が登場。上海留学なので「中国語(簡体字)」をタップします。
iphone中国語入力00006

「拼音-QWERTY」「拼音-AZERTY」「手書き」「笔划」をタップしてチェックを入れます。
あまりキーボードが増えると、選択が手間なのでよく使う「拼音-QWERTY」「手書き」だけで十分です。
iphone中国語入力00007

4つのキーボードを追加できました。
iphone中国語入力00008

キーボード選択アイコンを押すと、下記のような感じで追加されています。
2つのキーボードを追加した場合の画像です。
これで中国語の入力が出来るようになりました。
3分もかからず、1分ぐらいで設定完了です。
中国語の入力が追加されました

中国語を入力する4つのキーボードの特徴

「拼音-QWERTY」

一番よく使う入力方式です。
通常の並びのアルファベットがあり、ピンインを入力することで、候補の漢字が表示されますので、タップして選びます。
iphone中国語入力00009

「手書き」

中国語初心者には非常にありがたい機能です。
ピンインが分からない場合は、見た漢字をそのまま手書き入力すると、候補の漢字が表示されます。結構荒く書いても、キチンと漢字を出してくれます。
中国語手書き入力

「拼音-AZERTY」

ピンイン入力用のキーボードです。
フランスで主に使われているアザーティ配列と呼ばるキーボードで、日本ではあまり馴染みのないものですね。
中国語入力方法

「笔划」

ピンインが分からなくても入力できるキーボードです。
書き順通りに選択していくのですが、慣れるには時間が掛かりますし、キーボードを打つ回数が多くなります。手書きの入力方法があるのでそちらをオススメします。
iphone中国語入力00012

入力だけでなく完全な中国語仕様にも出来ます

iPhone上で使用される日本語を中国語にすることが出来ます。
SIMロックされたiPhoneが中国で使えるということはありませんのであしからず。。。

「一般設定」をタップします。
iphone中国仕様001

「言語と地域」をタップします。
iphone中国仕様へ変更002

「iPhoneの使用言語」をタップします。
iphone中国仕様へ変更003

「簡体中文」を選択して完了します。
iphone中国仕様へ変更004

中国語へ置き換えています。数秒後掛かります。
中国語へ置き換え中

メッセージや設定、メールが中国語に置き換わりました。
中国語へ置き換え中002

設定画面も全て中国語です。
元へ戻すには、先ほどと同様で最後に日本語を選択すると日本語に戻ります。ただし、操作画面の文字が全て中国語となるため、日本語へ戻すにも手間取りますので注意が必要です。
中国語へ置き換え中003

中国語をすぐに使える環境を整えて自然に中国語を使う

スマートフォンの進化で設定を変更するだけで、身近に中国語を聞けたり、やりとりする環境を簡単に整えることが出来ます。とくにwechatを使って中国語で普段あったことをタイムラインで流すだけでも作文の勉強になりますよ。

中国のインターネットに関するアイフォンアプリ事情

上海で必ず役立つiPhoneアプリベスト7!と海外パケット事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽らく短期留学が自信を持ってオススメ! 上海の中国語学校

早文舎の詳しい情報ページへ 漢院中国語学校の詳しい情報ページへ 語楽中国語の詳しい情報ページへ

この記事の著者

楽らく上海短期留学 管理人

楽らく上海短期留学 管理人渡辺つよし

上海在住歴は、2013年にたった1年だけの短さながら、
多くの方と知り合い刺激的な毎日を過ごすことが出来ました。
今でも現地の仲間と連絡を取り、上海の最新事情を仕入れたり、現地の中国語学校へ取材へ行ってもらったりしています。留学時に必要な情報を主に書いています。
ウェブサイト構築、ネットショップ運営、Filemakerで小さなシステム構築、あとは個人起業家のウェブ立ち上げサポートを主に仕事としています。
最近は英語の勉強にハマっています。あっ!中国語も勉強します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る