中国留学に絶対必要な4つの準備まとめました

留学の準備

正直な話、絶対に必要な準備は一つだけ。それは「行くぞ!」という気持ち。
コレさえあれば、あとはその気持が後押ししてくれます。

ただし、その気持ちと準備内容が空回りしない為にも、必要最低限の準備事項をご紹介。
行きたい気持ちは高めつつ、冷静沈着に出発準備に取り掛かるのは大切です。

熱く充実の中国留学を心に決めた後、次に実行へ起こすのは以下。

・学校選び
・ホテル選び
・パスポート手配(ない場合は)
・エアチケット手配

自分のフォースを感じろ!学校選び

学校の特徴を紹介しているページから、自分にあった学校を念入りにチェック。
ここぞ!と思った学校に問合せをしてみましょう。

うーん何処にするか迷うなぁ。と思ったアナタ。気にすることはありません!
問合せは無料ですから、気になる学校すべてに問合せをしてみましょう。
メールの返信から感じ取れる、学校の雰囲気があるのも事実。

留学はアナタの大切で貴重な時間です。
どんな学校に行ってみるか、シッカリ特徴を選んでいきましょう。

ただし一つだけ注意点が。
繁忙期になると人気の学校は予約でカナリ前から定員締め切りになる場合も。
お目当ての学校から『定員オーバーです、授業手配ができません』
こんな悲しい連絡を受けることが無いように早め早めに準備を進めましょうね。
本当ですよ。

学校選び完了!次は宿泊地選び

学校の予定がたったら、次は宿泊地の選択。ホテル選びには3つの選択肢あります。

1つ目。学校近くのアクセスが良い宿泊先を選ぶ。
2つ目。学校に遠くても雰囲気が気に入った宿泊先を選ぶ。
3つ目。1週間を超える場合は、生活がし易い宿泊地を選ぶ。

生活の基盤となる宿泊先選び。
知らない土地ですから、短期の場合は出来る限り学校の近くのホテルを選択。
1週間以上の滞在になると洗濯なども必要ですし、ゆったりした雰囲気も必要。
自宅のようなキッチンなどが設置された、ウイークリーマンションをセレクトしましょう。

申請準備は余裕を持って。パスポートを準備しましょう

パスポート申請は外務省HPを見る限り、各都道府県で時間帯が異なるようです。
外務省HP抜粋『事務所の開庁日、受付時間並びに交付地市町村名等についての照会は住民登録をしている各都道府県の窓口までお願いします。』とのこと。

その為、申請が必要な都道府県の情報から発行までの期間を算出をオススメします。
学校予約、エアチケット購入しても肝心のパスポートが無かったら話になりません。
友人知人に短期留学の話をしていたけど、パスポートが間に合わず。
留学の期間、訪中のふりして携帯をパワーオフ、そんな事がないように!

パスポート申請は準備の手違いなどもあると時間が取られるので、
余裕を持って申請するように心がけましょう。

外務省パスポート申請(旅券)の情報
外務省パスポートQ&A

パスポートの準備が整えば、次はエアチケット手配

エアチケットを準備する際にパスポート番号は必須。
旅行代理店やネットなどで必要な日程、必要な空港からのチケットを入手しましょう。
チケットは早ければ、安価に取得も可能です。

きっちり計画を立てれば、こんなに格安で上海行きのチケット入手方法も。

段取り良くチケット取得まで行うためにも、
本当はスグにエアチケットの準備に移れるよう、パスポートは事前申請がベストです。

少なくとも2週間以内の短期渡航に必要な心構えを紹介しました。
それ以上の期間の滞在になるとビザ取得も必要になります。
人によっては海外旅行保険も必要などもあると思いますが、
まずはご紹介した部分は確実に準備を怠らないようにしましょうね!

留学準備に関するあんなことこんなことをご紹介

中国留学準備。日常生活に欠かせない5つの品
留学出発までのカウントダウン1ヶ月でマスターしておくべき中国語
留学前の必須準備!中国語の数字は即答できるように覚えちゃえ。音声付き
中国でも使えるクレジットカード紹介!海外保険・両替・空港ラウンジで利用出来る
中国のビザは種類が多い!ひと目で分かる必要なビザ取得方法
一目瞭然。上海短期留学までの準備を紹介
留学の不安を解消してくれる海外保険の選び方
留学適応力チェック!上海留学で損する人の4つの特徴とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽らく短期留学が自信を持ってオススメ! 上海の中国語学校

早文舎の詳しい情報ページへ 漢院中国語学校の詳しい情報ページへ 語楽中国語の詳しい情報ページへ

この記事の著者

楽らく上海短期留学 案内人

楽らく上海短期留学 案内人ジンダオ

上海在住12年目の上海ローカルマスター。
中国語留学にて中国語を習得後、中国語学校の立ち上げに参加。その後、三ヶ月間で全省横断バックパックを実行し中国の広さ、奥深さを痛感。改めて中国に残る生活を選択。
現在は1000万人以上が利用する日本最大級のメルマガ配信「まぐまぐ」内の「MONEY VOICE」と「まぐまぐNEWS」にて、中国人インタビュー、中国生活記事を定期掲載中。
MONEY VOICE
MAG2 NEWS 国際

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る