中国で働く2種類のサラリーマン。駐在員と現地採用の違いとは

中国で働く2種類のサラリーマン

中国で働く上で、誰も多くを語らない事があります。
それは駐在員と現地採用という2つの種類がある点についてです。

中国で会社に所属して働く場合、主に2つの形に分かれて職につくことになります。
一つは駐在員、もう一つは現地採用。それぞれ同じ中国で働くにしても大きく異なります。
駐在員と現地採用の2つの方面から、よくある特徴をご紹介してみます。

駐在員として上海で働くメリット、デメリット

駐在員は日本の本社採用となり、その後中国で働く事となります。
そのため採用条件、給与体系は日本本社からの基準となり、
駐在員手当、社会保険、住宅支給、海外旅行保険、帰国費用支給などの条件。

駐在員は基本的に中国語を話せない場合が大多数を締めるため、
語学学校への授業料なども会社が負担するケース、幼稚園などの費用手当があるようです。

しかし多くの駐在員は数年で帰国をするため、残念ながら中国語もままならなず、
中国の文化に慣れはじめた頃、帰国になる日本人が大多数を占めています。
中国に愛着があっても赴任期間が決められている、仕方ない部分でもあります。

現地採用として上海で働くメリット、デメリット

現地採用は中国の支店採用として、中国で働く事となります。
そのため採用条件、給与体系は中国支店の基準。

中国人給与をベースに給与査定となり、手当も中国人スタッフベース、
海外旅行保険の支給がある会社は多いですが、住宅手当や帰国費用支給は、
現地スタッフ扱いの為ない場合が殆どのようです。

また日本採用では無いため、社会保険などは日本本社スタッフではないので自己負担。
中国支店での所属となるのですが、中国人に支給される四金とよばれるものは、
外国人であるため対象にならず支給されない場合が殆どのようです。

ただし基本的に現地採用は日本帰任とは関係がないため、
本人が継続する意思があり、業務上に問題などを起こさない限り、
そのまま中国で働き続ける事が可能です。

中国で働きたいという意思を持ち現地で仕事を探しているパターンが多いためか、
中国への愛着、中国語の能力や文化への理解度は駐在員より、一般的に高いように見受けられます。

現地採用の日本人は中国で中国語を勉強し、そのまま中国で就職活動を行ったパターンや、
日本から現地採用という形で採用され、中国で働き始めるのですが、
同じ職場間の日本人駐在員の給与待遇差、社会保険の保証がない点などを考慮し、
ある一定期間中国でキャリアを積んで、数年で日本に帰国や別会社に転職し、
日本採用として働くなどの行動を取るパターンが多いです。

駐在員からみた現地採用、現地採用からみた駐在員

駐在員の方からすると、現地採用スタッフは中国語ができるが、
仕事の面で専門性がない、日本での就職経験が浅い場合が多いので、
即戦力として力が伴っていないなど分析をする事が多いようです。

現地採用の方からすると、駐在員スタッフの専門知識は高いが中国語が話せず、
通訳や日本語が話せる中国人がいないと仕事が進まないなどの面があるのに、
厚い手当の差に対してのもどかしさを持っている場合が見受けられます。

もちろんここに紹介した内容は大手企業、中小企業でも待遇条件が異なりますし、
ネイティブな中国語と広い人脈を駆使して、駐在員並に稼ぐ現地採用もいるようです。

待遇を取るか、中国に滞在する期間をとるか、天秤にかける条件は様々ですが、
中国でサラリーマンとして働くと言っても、このような違いがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽らく短期留学が自信を持ってオススメ! 上海の中国語学校

早文舎の詳しい情報ページへ 漢院中国語学校の詳しい情報ページへ 語楽中国語の詳しい情報ページへ

この記事の著者

楽らく上海短期留学 案内人

楽らく上海短期留学 案内人ジンダオ

上海在住12年目の上海ローカルマスター。
中国語留学にて中国語を習得後、中国語学校の立ち上げに参加。その後、三ヶ月間で全省横断バックパックを実行し中国の広さ、奥深さを痛感。改めて中国に残る生活を選択。
現在は1000万人以上が利用する日本最大級のメルマガ配信「まぐまぐ」内の「MONEY VOICE」と「まぐまぐNEWS」にて、中国人インタビュー、中国生活記事を定期掲載中。
MONEY VOICE
MAG2 NEWS 国際

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る