日本人が受験可能な3つの中国語資格を総点検してみた

中国語検定とHSKとTECC

高い頂を目指す登山。登頂の一つの楽しみは、どんな標高の山を制覇したのか、
また新しい山脈に次々にチャレンジしていくことかも知れません。

中国語検定も登山と同じような部分があります。
どの検定の何級に標準を合せるか。いつから検定の準備を始めるか、
どんな計画を計画して望むのか。合格した時の達成感はこの上ない喜びだと思います。

よくどの中国語検定が役に立つのか、という質問を受けることがありますが、
まずは代表的な中国語検定とも言うべき、中国語検定、HSK、TECCのおさらいから。

古株の中国語検定と言えば、中検こと中国語検定試験

中検・中国語検定試験

中国語検定試験(中検)

まず中国語検定といえば、この試験を思い浮かべる方も多いかと思います。
1981年から始まった中国語検定試験。英検の中国語版と思っていいでしょう。

試験場所としては日本だけではなく、中国(北京、上海、大連、広州)、香港、
台湾、シンガポールでも受験が可能。日本人が多く住んでいる中華圏で受験が可能です。

試験の種類としては、1級、準1級、2級、3級、4級、準4級の計6種類。
1級が一番高いレベルとなっています。

中国上海でも受験が出来るということもあり、
短期留学先としてご紹介している学校内でもテスト対策が可能な学校があります。

・日本人に特化した中国語教育「早文舎中国語教室

試験は四択問題、筆記試験、ヒアリングテストの構成。
試験問題は日本語で説明される四択問題が基本構成となっており、
正しい内容を選択すると言うもの。
また1級などは選択問題以外の筆記試験があります。

過去問題もネットで見ることができるので、
各テストのレベルも直ぐに確認することができます。

グローバルな中国語検定試験、HSKこと漢語水平考試

中国語検定:中検ならHSK【中国政府公認資格】

漢語水平考試(HSK)

これは中国に留学した経験がある日本人なら、一度は目にしたことがある試験名。
中国で開発された試験ということもあり国内では非常に有名。
ココ最近日本国内でもアピールをしている試験です。

この試験の最も特徴的な点と言えば、試験問題が全て中国語で書かれている点。
HSKは世界中にいる中国語学習者に向けて試験を作成しているので、
試験問題が中国語のみとなっています。

初めて受験される方からすると、
ちょっと難易度が高いような印象を持つかも知れませんが、
練習問題を解いていれば、どの問が何を質問しているのかある程度分かります。

また以前は上級向け(9級以上)、中級向け(最高8級)、初級向け(2級)と
試験が分かれていたのですが、現在は統合され一つとなり、
1級から6級までを同じ問題で受験する構成。

新しいHSKでは6級が一番高いレベルとなっていて、
この評価方法も中国独自、日本の資格と違う点です。
また別途口頭試験を設けており、このレベルは高級、中級、初級に分かれています。

試験は筆記試験、ヒアリングテストの構成。
試験問題は四択が基本構成となっており、正しい内容を選択します。

中国上海でも受験が可能。短期留学先としてご紹介している学校内でも、講義が可能です。

・日本人に特化した中国語教育「早文舎中国語教室
・オールド上海のレトロモダンな建物「漢院中国語学校
・HSK対策もバッチリ!「語楽中国語

コミュニケーション能力を重視、中国語検定新参者TECC

TECC 中国語コミュニケーション能力検定

TECC

今まで紹介した資格の中で一番新しい試験制度のTECC(Test of Communicative Chinese)。

年に2回の開催で全ての問題が四択マークシート形式。
問題数は140問でリスニング70問、リーディング70問と
バランスの良い構成となっています。

評価方式は1000点満点方式。TOEICなどと同じですね。
開催地は日本以外に、台湾(台北、高雄)でも実施中。

ご紹介した他の資格と大きく異なる点はコミュニケーション応力を測定する、という点。
その為、知識や専門性などの中国語内容ではなく、日常的に利用しそうな生活、日常などの中国語を中心に出題している点。

問題数の半分がリスニングになっていますが、この辺もコミュニケーション能力を問うテストを謳っている点なのかと思われます。
以下のベージから、どんな問題が出題されるか、音源付きで公開しているので、腕試しをしてみるのもいいでしょう。

中国語の勉強に関する記事はコチラから

上海留学のアナタへ贈る、中国語の勉強術を伝授
中国留学準備。勉強に欠かせない5つの品
無料の中国語添削サービスを使って楽しく文章力UP出来る
中国政府が公認する中国語試験HSKを大解剖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽らく短期留学が自信を持ってオススメ! 上海の中国語学校

早文舎の詳しい情報ページへ 漢院中国語学校の詳しい情報ページへ 語楽中国語の詳しい情報ページへ

この記事の著者

楽らく上海短期留学 案内人

楽らく上海短期留学 案内人ジンダオ

上海在住12年目の上海ローカルマスター。
中国語留学にて中国語を習得後、中国語学校の立ち上げに参加。その後、三ヶ月間で全省横断バックパックを実行し中国の広さ、奥深さを痛感。改めて中国に残る生活を選択。
現在は1000万人以上が利用する日本最大級のメルマガ配信「まぐまぐ」内の「MONEY VOICE」と「まぐまぐNEWS」にて、中国人インタビュー、中国生活記事を定期掲載中。
MONEY VOICE
MAG2 NEWS 国際

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る