大学生向け中国語短期留学おすすめプラン

大学生に人気の短期留学

大学の中国語学科で中国語を勉強している、第二外国語で中国語を専攻している、
アナタも多くの学生の一人だと思います。
ケド、心の何処かでもう一人のアナタが話しかけた事ありませんか?

「学校で専攻している中国語、何時になったら上手くなるんだろう」
「思っている以上に、私の中国語レベルが伸びてないような」
「授業って文法の説明ばかりで話すチャンスがない」
「同じレベルの生徒同士だから、会話の内容も同じ単語ばかり」
「授業は人数が多いので、会話をするチャンスがない」

それに大学生の一年間の休日数、通算で190日あるのを知っていますか?
一年365日の半分以上が休日なのです。休みということは授業がない、
中国語と触れるチャンスが非常に少ないのです。

長期休暇は生きた中国語を学ぶチャンス!

もう一人のアナタのつぶやき、それはアナタの本音。
春休み、夏休みの時間を使って上海でどっぷり中国語の武者修行に出かけてみませんか。

中国の大学留学だと日本と同じことが。多くの生徒を一人の教師が教え、会話のチャンスがない。
文法の説明もなんだか日本で聞いたことと同じ内容。周りに知っている友人が居るとなんだか
恥ずかしくって、思い切って質問もできない。自分の間違った中国語を話しているのを友人に
聞かれたらと思うと、話す勇気がない。

折角の海外での学習です。日本の大学や中国の大学留学では手に入れることができない、
アナタの中国語力のアップを目的とした時間にしてみませんか?
質の高い中国語をレッスンできるのは、語学学校のマンツーマンレッスンです。

海外に渡って違う文化に触れる最大のチャンスは大学時代がベスト

大学生活を送り、そのまま企業に就職をして社会人になると、思った以上に中々長期間の
休みを取るのは至難の業。取れても1週間程度です。
お父さんお母さん、兄妹で働いている人が周りにいれば分かると思います。

自分のやりたいこと、自分の時間を好きな事にたっぷり使えるのは大学時代の最大の特徴。
そんなアナタだけの自由な時間を使って、海外に飛び出して日本以外の国を知る、
そんな考えを持つ大学生は多くはありません。外の世界を知ることで、
違った感覚で日本を感じることができるのです。

短期間でも留学をすれば、大学の友人からすれば、「すごーい!」と羨望の眼差し。
もちろん本場中国で中国語レッスンをすれば、自分のレベルアップ以外にも
自分のウィークポイントや今後の学習方法、考え方にも変化が生まれることでしょう。
聞く、話す時間が多い上海の語学留学は、その後のアナタの人生にも大きく影響すると思います。

短期間でも学生時代にアクティブな活動内容は、就職活動で自己紹介の話題になることは間違いありません。中国語に関連しない職場だとしても、自ら海外へ出向いたアナタ自身行動は大きな
アピールポイントと評価になるでしょう。

勉強して遊んでどっぷり上海を満喫しよう!

留学のポイント。平日はギッチリ4コマ中国語レッスン。その後はホテルや図書館、
CAFE等でしっかり、みっちり予習と復習。平日は疲れてぐっすり休めます。

金曜の夜から日曜は外に出て実地レッスン!上海には衡山路と呼ばれる欧米人や中国人が集まるスポットがあり朝までオープン。クラブやバーもあるので今の中国人の生活模様も体験できます。そこで覚えたての中国語を使って友人を探すのもいいでしょう。

またマンツーマンレッスンの特徴。事前にお休み申請ができる事。
金曜からレッスンをお休みにして二泊三日で、黄山や武夷山など、旅行へ行くのも思い出になり
日本帰国後の旅の思い出話しに。友人は「上海以外にも行ったの!?」と驚くこと間違いなし。

一般的な大学の春休み2月上旬から4月上旬の約60日間、夏休みの8月上旬から9月末の約45日間、
冬休みの約15日間の何れかを使って、上海で経験値も中国語レベルも友人より一足お先に状態へ!
更に中国マスター、高みを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽らく短期留学が自信を持ってオススメ! 上海の中国語学校

早文舎の詳しい情報ページへ 漢院中国語学校の詳しい情報ページへ 語楽中国語の詳しい情報ページへ

この記事の著者

楽らく上海短期留学 案内人

楽らく上海短期留学 案内人ジンダオ

上海在住12年目の上海ローカルマスター。
中国語留学にて中国語を習得後、中国語学校の立ち上げに参加。その後、三ヶ月間で全省横断バックパックを実行し中国の広さ、奥深さを痛感。改めて中国に残る生活を選択。
現在は1000万人以上が利用する日本最大級のメルマガ配信「まぐまぐ」内の「MONEY VOICE」と「まぐまぐNEWS」にて、中国人インタビュー、中国生活記事を定期掲載中。
MONEY VOICE
MAG2 NEWS 国際

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る