格安航空で行く上海便の価格を調査!燃料サーチャージがぐんぐん下がっています

格安航空会社 春秋航空

2015年、燃料サーチャージの価格が下がってきて上海へ向かう飛行機代も価格安くなってきました。LCCと呼ばれる格安航空も増えて以前に比べると気軽に上海へ行けるようになりました。

中国語を勉強してるかたは、格安航空を使って上海へ行き、実際に中国語触れたり街の雰囲気を味わいながら語学学校で授業を受けることが出来ますよ。

そこで今回は、上海便が最も多い春秋航空(スプリングジャパン)の6月、7月のチケット代金を調べてみました。

上海への格安航空は、6つの空港からフライト

春秋航空の上海便は、日本の6つの都市から飛んでいます。

関東圏からは茨城空港、関西圏からは関西空港、高松空港、他の地方は新千歳空港、旭川空港、佐賀空港となっています。

Spring_Japan_春秋航空

2014年に関西空港から上海便が飛ぶようになり中国のからの観光客も増えました。大阪ではグリコの看板で有名な道頓堀あたりは、中国語が飛び交い、免税ドラッグストアではニュースにもなっている爆買状態をよく見かけます。日本でも中国語を使う機会は増えていきそうです。

2015年燃料サーチャージは安くなった

燃料サーチャージとは、2001年から国際線で、航空会社が吸収しきれない燃油価格の一部を乗客が負担する仕組みです。航空チケット代金とは別に費用がかかります。燃料サーチャージは、三ヶ月ごとに見直されて価格に反映されます。

2015年5月現在上海便の燃料サーチャージは、片道2,500円となっています。昨年末は 5,500円だったので、半額以下へ下がっています。片道で2,500円だけで違いがありますので、かなり安く上海へ行くことが出来そうです。ただし燃料サーチャージが下がっても、チケット代がその分上がってガックリすることもあります。
※上海から日本への燃料サーチャージは異なります。

上海への飛行機代の価格を調べてみました

茨城空港、関西空港から出発している上海便の6月、7月の価格を調査してみました。

6月中旬のフライトを検索してみると、往路便(関西空港-上海)は6,800円が多いですね。
復路便(上海-関西空港)は15,000円など高めの価格もありますが、6,800円もあります。
関西空港、茨城空港の6月7月のフライトを比較してみました。
都心から離れている茨城空港へは、空港の公式サイトによるとシャトルバスがなんと!500円で利用出来るようです。

2泊3日スケジュール

日本を金曜朝に出発し、日曜日夜に帰国の例です。
・往路 6月12日金曜日
・復路 6月14日日曜日

関西空港から上海浦東空港(毎日2便フライト)
往路 9C9000
出発2015-6-12 09:00大阪
到着2015-6-12 10:40上海
1 大人 X 6,800円6,800円
空港施設使用料/燃油サーチャージ(合計)2,500円
出国税 / 保安料(合計)3,040円
——————————————————–
復路 9C8999
出発2015-6-14 20:40上海
到着2015-6-14 23:40大阪
1 大人 X 6,800円 6,800円
空港施設使用料/燃油サーチャージ(合計)7,300円
——————————————————–
合計金額:26,440円

茨城空港から上海浦東空港(水曜日以外毎日2便フライト)
往路 9C8796
出発2015-6-12 19:30茨城(東京)
到着2015-6-12 22:10上海
1 大人 X 6,800円6,800円
空港施設使用料/燃油サーチャージ(合計)2,500円
出国税 / 保安料(合計)520円
——————————————————–
復路 9C8795
出発2015-6-14 15:00上海
到着2015-6-14 18:30茨城(東京)
1 大人 X 6,800円 6,800円
空港施設使用料/燃油サーチャージ(合計)7,300円
——————————————————–
合計金額:23,920円

7泊8日スケジュール

中国語短期留学に1週間程度という方は要チェックです。
・往路 7月27日月曜日
・復路 8月 3日月曜日
関西空港からは同じ価格でしたが、茨城空港は16,000円ほど上がりました。
1週間滞在は、中国語短期留学にオススメです。

関西空港から上海浦東空港(毎日2便フライト)
往路 9C9000
出発2015-7-27 09:00大阪
到着2015-7-27 10:40上海
1 大人 X 6,800円6,800円
空港施設使用料/燃油サーチャージ(合計)2,500円
出国税 / 保安料(合計)3,040円
——————————————————–
復路 9C8999
出発2015-8-3 20:40上海
到着2015-8-3 23:40大阪
1 大人 X 6,800円 6,800円
空港施設使用料/燃油サーチャージ(合計)7,300円
——————————————————–
合計金額:26,440円

茨城空港から上海浦東空港(水曜日以外毎日2便フライト)
往路 9C8988
出発2015-7-27 13:20茨城(東京)
到着2015-7-27 16:05上海
1 大人 X 19,000円19,000円
空港施設使用料/燃油サーチャージ(合計)2,500円
出国税 / 保安料(合計)520円
——————————————————–
復路 9C8987
出発2015-8-3 08:40上海
到着2015-8-3 12:20茨城(東京)
1 大人 X 10,500円 10,500円
空港施設使用料/燃油サーチャージ(合計)7,300円
——————————————————–
合計金額:39,820円

格安航空を利用するときの3つのポイント

手荷物の量が小さいため、持参するものが限られます

手荷物と機内持ち込み合わせて 15kgまで!ノートパソコンは除きますが、これが結構ギリギリになることがあります。スーツケース自体も重量がありますので、予約する前に大体の荷物の重さを知っておきましょう。
ちなみに重量オーバーだと1kgにつき下記の料金がかかります。
チケットが安くても荷物が多いと、お得では無くなりますので注意が必要です。

1kg超過するごとに1,500円(茨城)1,800円(関西空港)費用がかかります。
※時期によっては、お得なキャンペーンもあります。

格安航空は無料の機内食事サービスはありません

春秋航空も他のLCCと同様に、機内の食事サービスはありません。上海まで3時間程度なので問題ない!と思い何も用意していないと、他の乗客の方が持参したパンやおにぎりを美味しそうに食べているのを見ると非常にツライです。小腹がすいたときように、税関手続き完了後に売店で軽いものとドリンクぐらいは購入しておくと心強いです。

公式サイトでお得なキャンペーンをチェックしよう

各航空会社も競争が激しいため、常に様々なキャンペーンを行っています。とくに格安航空会社はその傾向が強いです。キャンペーンに寄っては、時期を調整してみるとお得な特典があるかもしれません。

瀬戸内海汽船銀河ランチクルーズ券プレゼントキャンペーン
荷物が大人も安心の国際線受託手荷物価格のキャンペーン 2,500円/5kg

実際に2回春秋航空を利用して思ったこと

荷物の重量が結構厳しいです。手荷物、預け入れ荷物を合わせて15kg。スーツケースの重さやかばんの重さを考慮すると、使えるのは10kgちょっとで、着替えやお土産で重量ギリギリになってしまいました。早めに用意をして極力必要ないものは持参しないようにする必要があります。帰国のときには、お土産も増えますので要注意です。

荷物の重量15kgってどのぐらいでしょうか?

重さがイメージしにくいと思うので、実際に写真にある荷物の重量を測ってみました。
内容は、40cm×40cmのキャリーケース、ブリーフバッグ、ジーパン、上着、下着、本、ノートです。約8.15kgでした。
春物の服装で測っていますので、夏場、冬場だと増減します。
これに衛生用品やお土産、筆記用具、貴重品などを入れると残りの約6.85kgではギリギリ重さになりそうです。
搭乗前の空港内でお土産を買うと、重量に含まれませんので利用すると良いですね。

格安航空荷物の重さ

機内の座席スペースについては、私は身長176cm、体重70kgの体格ですが、気持ち狭いかなという程度で、片道3時間のフライトなので気にはなりませんでした。

春秋航空公式サイトで簡単に予約でき、東京大阪間の新幹線代より安い価格で行けるため、日本で勉強中の中国語を上海で試すことが出来ます。

日本の空港、上海の空港に関する記事はコチラから

格安春秋航空は毎月9日に999セール開始!上海行きチケットを購入しました
思い立ったらすぐ上海!日本各地から上海へのアクセス情報
上海の空港からホテル。心がけておくポイントを紹介
上海浦東空港からの交通手段のポイントを大公開
大分析!上海浦東空港の施設を丸裸ご紹介
ホテルから飛行場へ!3つの場所で使える中国語
中国でも使えるクレジットカード紹介!海外保険・両替・空港ラウンジで利用出来る
帰国時に空港で最終中国語レッスン。目的地を聞き分けろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽らく短期留学が自信を持ってオススメ! 上海の中国語学校

早文舎の詳しい情報ページへ 漢院中国語学校の詳しい情報ページへ 語楽中国語の詳しい情報ページへ

この記事の著者

楽らく上海短期留学 管理人

楽らく上海短期留学 管理人渡辺つよし

上海在住歴は、2013年にたった1年だけの短さながら、
多くの方と知り合い刺激的な毎日を過ごすことが出来ました。
今でも現地の仲間と連絡を取り、上海の最新事情を仕入れたり、現地の中国語学校へ取材へ行ってもらったりしています。留学時に必要な情報を主に書いています。
ウェブサイト構築、ネットショップ運営、Filemakerで小さなシステム構築、あとは個人起業家のウェブ立ち上げサポートを主に仕事としています。
最近は英語の勉強にハマっています。あっ!中国語も勉強します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る