60分一本勝負留学中の勉強の疲れはあん摩屋で回復だ

あん摩店の入り口

疲れた身体を癒やしに按摩屋へ行くのではありません。
按摩屋へは勉強しに行くのです。

どっぷり中国語の勉強、上海ではまってますか?
朝昼夜と勉強しているとどうしても目がパチパチ疲れたり、
首が肩がとコリコリコリとなることもあるでしょう。

折角だったら本場中国四千年の按摩で身体をリフレッシュさせましょう!
ただしリフレッシュだけをするために、あん摩屋へ行くのが目的ではありません。
繰り返しますが、按摩屋へは半分は勉強が目的です。

勇気を絞って一度はチャレンジ、お勧めは盲人マッサージ

上海も街なかには多くのあん摩屋が軒を並べて商売しています。
足マッサージ専門店、全身マッサージ専門店など、多種多少。
私は長い間、盲人マッサージに通っています。

全身マッサージをするには盲人の繊細な力加減が、
疲れた首、肩、腰と癒してくれること間違いなしです。
ただし盲人マッサージへ行く場合の注意点。
単語を多少覚えておく必要があるという事。

盲人マッサージの外観は写真のような感じ。

あん摩のおばちゃん

盲人とちゃんと看板に書かれているので、ひと目で分かります。
いつもニコニコ女将さん。いつも明るい笑顔でお出迎え。

あん摩料金表

値段もローカル店舗は非常にリーズナブル。
45分60元から。店舗によって時間帯は様々。45分刻みから60分刻みまで。
45分対応の店でも費用さえ払えば60分など時間調整も可能です。

あん摩店の内装

マッサージルームはこんな感じでシンプル。ベッドがトントントンと置かれているだけ。
お便座のような丸い枕に頭を載せ穴の開いたベッドから下を覗くようにして、
按摩を受けることにります。白いガーゼのような物は、枕に皮脂などがつかないように、
カバーしている紙です。
あん摩のベッド

ちょっと使える按摩用語をご紹介

イザ按摩を受けるとなって困るのは按摩を依頼する部位を伝える事。
ちょっと全身の中国語をご紹介。按摩して欲しい部分を覚えておきましょう。

头 (tóu) 頭、脖子(bó zi)、肩膀(jiān bǎng)肩、背 (bèi)背中、
腰(yāo)腰、屁股 (pì gu)お尻、大腿 (dà tuǐ)太もも、小腿(xiǎo tuǐ) 膝から足首

上記で紹介した部位にプラスして「不舒服(bù shū fú)」を追加
「気持ちが悪い、疲れている」という意味に。
「腰不舒服(yāo bù shū fú)腰が気持ち悪い、良くない」

推しが強くて弱くして欲しい場合は、「轻一点(qīng yì diǎn)」
推しが弱くて強くして欲しい場合は、「重一点(zhòng yì diǎn)」
痛気持ちいい表現は「酸(suān)」などの表現を知っておけば、
もし学校で中国語を習っていない単語でも、按摩屋に訪問できるのではないでしょうか。

至福の按摩タイム、けど勇気を絞って中国語で会話しよう

極楽浄土の按摩タイム。しかしその時にこそ勇気を出して話してみよう。
按摩時間は大変気持ちよく寝てしまいそうになるのですが、
折角なので按摩師とおしゃべりしてみましょう。

按摩師も按摩に集中していますが暇なので、話しかけると会話をしてくれます。
盲人の方とは筆談ができませんから、足マッサージなどで按摩師を見つけて、
話しかけて見るものいいでしょう。

按摩の時間は息抜きにもなりますし、覚えたての中国語を実践で使え、
45分から60分の間、按摩師を占有できる時間。
しっかり話しかけてマッサージに会話に楽しむのをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽らく短期留学が自信を持ってオススメ! 上海の中国語学校

早文舎の詳しい情報ページへ 漢院中国語学校の詳しい情報ページへ 語楽中国語の詳しい情報ページへ

この記事の著者

楽らく上海短期留学 案内人

楽らく上海短期留学 案内人ジンダオ

上海在住12年目の上海ローカルマスター。
中国語留学にて中国語を習得後、中国語学校の立ち上げに参加。その後、三ヶ月間で全省横断バックパックを実行し中国の広さ、奥深さを痛感。改めて中国に残る生活を選択。
現在は1000万人以上が利用する日本最大級のメルマガ配信「まぐまぐ」内の「MONEY VOICE」と「まぐまぐNEWS」にて、中国人インタビュー、中国生活記事を定期掲載中。
MONEY VOICE
MAG2 NEWS 国際

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る