上海浦東空港からの交通手段のポイントを大公開

上海浦東空港から上海市内への移動

浦東空港は国際便が多く運行している為、多様な交通アクセスが可能な施設となっています。

以前の記事「思い立ったらすぐ上海!日本各地から上海へのアクセス情報」にて、
浦東空港からの交通手段のシャトルバス・タクシー・地下鉄・リニアモーターカーをご紹介
していましたが、今回は追加で学校からのお迎えを踏まえて、それぞれの交通手段のポイントを交えてご紹介。アナタにあった移動手段で留学先へアクセスしましょう!

上海市内の各拠点へ安価に行けるシャトルバス

シャトルバス
空港発着のシャトルバスは上海市内各地へ運行。最も利用者が多いアクセス手段の一つです。
各地へは20分から30分間隔で運行をしており、利用価値が高い移動手段。ただし満席の場合は
次の便を待つ必要がありますし、混みあった車内はでの中国人の賑やかさは
ファーストコンタクトしては少々パンチが効いているかも知れません。

また雨の日や出勤や退勤ラッシュ時には、渋滞で運行時間がずれる場合も予定されます。
利用時は余裕を持って利用することをお勧めします。チケットは車内で購入となります。
下車する場所で料金が異なるので、目的地を紙などに記載して渡しましょう。

メリット

比較的安価に目的地へ移動できる。
20から30分間隔の運行。あまり待たなくとも乗車が可能

デメリット

雨の日やラッシュ時間は道路事情で混みあう可能性がある。
中国人の移動手段として人気があるので、ファーストコンタクトとしてはパンチが効いている。
スーツケースなど荷物の紛失には注意。
荷物の乗せ降ろしが面倒。

最安値の移動をするなら地下鉄移動

上海地下鉄乗車テクニック
2005年には無かった移動手段ですが、現在は地下鉄2号線が運行開始。
多くの人数を一挙に運べる上、チケット価格も一番安価に移動する手段です。
地下鉄のポイントは時間がある程度読めて渋滞などに巻き込まれない点です。

ただし地下鉄2号での移動時に注意する点は、日本への帰国時に2号線を利用した場合、
全ての2号線が浦東空港まで運行していない点。一部の運行車両は8駅手前の
「广兰路(Guǎng lán lù)広蘭路」で乗り換えが必要となるので、乗車時にはご注意を。
車両先頭に「广兰路」か「浦东国际机场」の何れかが書かれているので、乗る際には確認を。

メリット

比較的に遅れなく運行する。雨の日など心強い。
チケット代が安価。

デメリット

初の地下鉄移動だと、勝手が分からない。
下車駅に注意が必要。
宿泊地など目的地までは乗り換えが必要。
座席に座れない可能性がある。荷物が多い場合に管理が必要。
浦東空港へ向かう際は、到着する列車か確認が必要。
荷物の乗せ降ろしが面倒。

地下鉄乗車について詳しい記事「知れば5分で上海通!地下鉄乗車マル秘テクニック」も参考になります。

ズバッと目的地に到着したいならタクシー移動

タクシー空車
今までご紹介した公共交通機関の場合、下車後にホテルまで再度タクシーなどで移動する点が面倒。
いきなりインパクトの強い公共交通機関の移動はと思われるアナタには、タクシーでの移動がお勧め。

シャトルバス時刻表
最近はタクシー乗り場には目的地にあった価格帯を電光掲示板で表示したりと、
以前よりも明確な価格帯を提示したりとサービス向上に努めています。
価格がある程度解るので乗っている際も緊張が幾分か和らぎますよね。
実際市内までですといくら高くとも200元未満で到着されます。

タクシー乗車時のポイントは、自分の宿泊地を正しく伝えられるかにかかっています。
口頭で伝わらない場合は紙等を活用して運転手に伝える準備をしておくことをお勧めします。

メリット

目的地までピンポイントで到着が可能。
荷物の乗せ降ろしが少なくてすむ。

デメリット

シャトルバス・地下鉄・リニアモーターカーに比べて費用がかかる。
雨の日やラッシュ時間は道路事情で混みあう可能性がある。

地下鉄乗車について詳しい記事「たった5分で上海通!タクシー乗車マル得活用術」も参考に。

商用利用世界初の交通施設リニアで高速体験

上海からのリニアモーターカー
折角なら商業用初のリニアを使って、移動してみるのも一つの手段です。
一気に加速して周りの景色が全て後ろに流れていく間隔は、日本では味わえない乗り物。
リニアの乗車はモノの5分程度ですが、市内までリニアは伸びていないため、
最寄りの駅である地下鉄2号線か7号線に乗り換え。またはタクシーに乗り換える必要が発生します。

リニアの乗り場から地下鉄・タクシー乗り場は段差が多少あり、一旦外に出る必要があるので、
荷物が多かったり、雨が降っていたりすると少々移動が大変です。

メリット

早い!
上海記念になる。

デメリット

下車後に地下鉄かタクシーへの乗り換えが必要
乗り換え先まで一旦外に出たり、段差があったりと荷物が多いと大変。

初海外!不安な方は留学先の学校からお迎えを

浦東空港までお迎え
ご紹介している留学の内、語楽漢院については、
送迎サービス対応!各学校で費用は異なりますが、空港窓口でアナタの名前を持ったスタッフが
指定のホテルまで送迎してくれます。初めての知らない街、少し不安な気持ちが有る場合は、
公共交通網を使うよりも幾分価格は高くなりますが安心してホテルまで送り届けてくれます。

メリット

短期留学先のスタッフ、提携の送迎車が出迎えに来てくれ安心。
宿泊ホテルまで案内してくれる。
事前に宿泊情報が運転手に伝わっているので、確実にホテルへ到着する。

デメリット

シャトルバス・タクシー・地下鉄・リニアモーターカーに比べると、費用が高くなる。

日本の空港、上海の空港に関する記事はコチラから

格安航空で行く上海便の価格を調査!燃料サーチャージがぐんぐん下がっています
格安春秋航空は毎月9日に999セール開始!上海行きチケットを購入しました
思い立ったらすぐ上海!日本各地から上海へのアクセス情報
上海の空港からホテル。心がけておくポイントを紹介
大分析!上海浦東空港の施設を丸裸ご紹介
ホテルから飛行場へ!3つの場所で使える中国語
中国でも使えるクレジットカード紹介!海外保険・両替・空港ラウンジで利用出来る
帰国時に空港で最終中国語レッスン。目的地を聞き分けろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽らく短期留学が自信を持ってオススメ! 上海の中国語学校

早文舎の詳しい情報ページへ 漢院中国語学校の詳しい情報ページへ 語楽中国語の詳しい情報ページへ

この記事の著者

楽らく上海短期留学 案内人

楽らく上海短期留学 案内人ジンダオ

上海在住12年目の上海ローカルマスター。
中国語留学にて中国語を習得後、中国語学校の立ち上げに参加。その後、三ヶ月間で全省横断バックパックを実行し中国の広さ、奥深さを痛感。改めて中国に残る生活を選択。
現在は1000万人以上が利用する日本最大級のメルマガ配信「まぐまぐ」内の「MONEY VOICE」と「まぐまぐNEWS」にて、中国人インタビュー、中国生活記事を定期掲載中。
MONEY VOICE
MAG2 NEWS 国際

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る