中国留学グルメ紀行。冬の味覚上海蟹を楽しむ

上海蟹オススメ

秋から冬にかけての上海を含む、華東地区で食され珍重される上海蟹。
折角本場の上海を訪れたのであれば、留学中に上海蟹を堪能したいところ。

そうは言っても、何処で愉しむのか、分からないのも事実です。一人だし気楽に入れて、
中国語やサービスも行き届いた店舗が嬉しい。ローカルではありますが、
小奇麗でウェイターの対応も行き届き、味も抜群で歴史的にも有名な店舗を留学検討中の
アナタにだけご紹介したいと思います。

1744年創業の蟹大王こと王宝和酒家へ潜入

今回訪れたのは人民広場近くの福州路。この福州路は上海でも歴史がある場所の一つ。
その為、上海人が足繁く通う名店も数多く存在します。一度は訪れて散策するのも良いでしょう。
そんな歴史的な名店が集う福州路で訪問したのは「王宝和酒家」という老舗レストラン。

この「王宝和酒家」その歴史は1744年創業!の老舗中の老舗
そしてこのレストランまたの名を「蟹大王」と呼ばれているのです。
「蟹大王」名前を聞くだけでも、上海蟹への期待が高まると思いませんか?
そんな「王宝和酒家」へ潜入です!

店先には上海蟹のネオンと共にガラスに「蟹大王」の文字が。
近づいて見てみると上海蟹を扱った料理レパートリーの写真が値段と共に飾られています。
上海蟹メニュー
※撮影した料理の写真をサイト用に並べてみました。

意外かも知れませんが一般的に上海蟹を扱う店は「蒸し上海蟹」を提供する店は多いのですが、
このように上海蟹の蟹肉やカニ味噌を使った調理方法を大胆に多く取り扱う店舗は少ないのです。
一人でも多くの留学生に上海蟹の料理を思う存分に楽しんでもらいたい。
そう思って、今回はこの店舗をチョイスしてみました。

店内は一人でも安心の個室&日本語メニュー

店内の様子
店内に入るとまずは「几位?(jǐ wèi)何名様ですか?」と質問を受けますので、
「一位(yī wèi))一人」と答えましょう。空いていれば一階の円卓に、
空いていなければ二階の個室に案内されます。

私が訪問したのは開店時間11時を少し回った11時15分。その時点で一階店舗は満室。
そのため少人数席を取り揃えている二階個室に通されました。
二階もあります

通されたテーブルに着席。ウェイターがメニューを持ってきますが、安心して下さい。
メニューには写真と微妙ながら日本語のメニュー翻訳付き
じーっくり料理を選びましょう。ちなみにトイレも意外と綺麗。ポイントが高いですね。
トイレも綺麗です

この「王宝和酒家」には上海蟹を使った料理だけでも軽く20種類以上のレパートリーが存在。
今回はディスプレイに写真が載っていた「蟹粉小笼(xiè fěn xiǎo lóng)カニ味噌小籠包」、
「虾蟹两面黄(xiā xiè liǎng miàn huáng)海老蟹両面堅焼きそば」、「蟹粉春卷(chūn juǎn)カニ味噌春巻き」の3種類の料理と、お昼ではありましたが、王宝和酒家特製の紹興酒を注文です。
レシート

上海蟹のフルコース!紹興酒と堪能の至福の時

王宝和酒家特製の紹興酒
まず運ばれてきたのは、8年物の自家製紹興酒、200ミリ25元。
小さめのグラスと一緒に運ばれてきましたが、独特のくどい甘さもなく、
スーッと入る飲み心地のよい味わい。上海蟹との相性も良さそうです。

続いて運ばれてきたのは、「両面堅焼きそば」56元。実は上海に10年以上住んでいながら、
中国で「かた焼きそば」を食べたのは始めての経験。しっかりと揚がったパリパリ麺にエビと
上海蟹の餡がた~っぷりとかかっています。麺の中心めがけて箸を入れると、
ザクサクと心地よい音を奏でます。徐々に麺に染みこんだ餡が麺を柔らかくしていくので、
サクサク以外の食感も楽しむこともできました。
両面堅焼きそば

次に運ばれてきたのはアッツアツの「カニ味噌小籠包」6つ30元。一言、ヤケド注意!な
冬に楽しめるアツアツ中華。生地の中にはたっぷりの肉汁とカニ味噌が。肉の挽き具合も粗めで
肉の食感を楽しめる一品でした。
カニ味噌小籠包

最後はカニ味噌春巻き、3本21元。春巻きの皮がカナリ薄いので、噛むと羽衣のように
軽いパリパリの皮が音を立てて口の中に広がります。皮が薄いためか油っこさもなし。
具材は白菜や人参とカニ味噌と蟹肉。春巻き自体が具材を多く包めないので蟹肉は少なめ。
春巻きとしての完成度が十分に高いので、それだけでも楽しめます。
カニ味噌春巻き

いずれの上海蟹料理とも紹興酒との相性は抜群。上海蟹は体温を冷ますと言われる食材で、
紹興酒は体温を上げると言われています
。その為一緒に摂ることでプラスマイナスゼロの
作用を引き起こし、体温を調節するには打って付けのパートナーなのです。

今回上海蟹の姿蒸しは頼まなかったのか?と思われる方もいると思いますが、
さすが蟹大王というだけあって、上海蟹は一匹300元オーバー。一匹ですよ、一匹!
流石に予算オーバーだったので、今回はカニ味噌を使った料理を数点ご紹介となりました。
予算に余裕のある場合は、楽しんで見るのも良いでしょう。

留学で中国グルメを食べつくせ!グルメに関する記事をご紹介

お一人様大歓迎!上海でも単身で楽しめる小籠包グルメ
ひんやり冷たい!上海人に聞いた老舗夏の定番スイーツ!
夏の上海3つのひんやりランチグルメを味わう
日本では味わえない中国暑気払いの緑豆グルメを味わえ
上海留学で中国全土の味を喰らえ!中華グルメ事情
上海留学生活に絶対外せない4つの名物料理!美味しい店選びのポイント
中華グルメ愛が止まらない。東北料理を完全紹介
中国留学グルメ紀行。王道スイーツ生まれはマカオのエッグタルト
中国留学グルメ紀行。四川出身コックが作る痺れる四川料理
中国留学グルメ紀行。上海で台湾料理を。魯肉飯&特選スイーツ
中国留学グルメ紀行。上海最高クラスの蘭州麺を楽しむ
中国留学グルメ紀行。難易度漢字のbiangbiang麺を食そう
腹が減っては勉強出来ぬ!留学で楽しめる神5 定番中華グルメ

王宝和酒家

住所:福州路603号(浙江中路近く)
時間:11時から13時半、17時から21時
最寄り駅:地下鉄1号線、2号線、8号線人民広場下車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽らく短期留学が自信を持ってオススメ! 上海の中国語学校

早文舎の詳しい情報ページへ 漢院中国語学校の詳しい情報ページへ 語楽中国語の詳しい情報ページへ

この記事の著者

楽らく上海短期留学 案内人

楽らく上海短期留学 案内人ジンダオ

上海在住12年目の上海ローカルマスター。
中国語留学にて中国語を習得後、中国語学校の立ち上げに参加。その後、三ヶ月間で全省横断バックパックを実行し中国の広さ、奥深さを痛感。改めて中国に残る生活を選択。
現在は1000万人以上が利用する日本最大級のメルマガ配信「まぐまぐ」内の「MONEY VOICE」と「まぐまぐNEWS」にて、中国人インタビュー、中国生活記事を定期掲載中。
MONEY VOICE
MAG2 NEWS 国際

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る