ひんやり冷たい!上海人に聞いた老舗夏の定番スイーツ!

ひんやり冷たい上海デザート

医食同源の国、中国。中医の観点から身体を冷やす事を嫌うこともあり、
夏のひんやりデザートは難航しそう。。。
そんな時、上海のことは上海人に聞くのが一番です!

昔から海外との交流拠点でもある国際都市、上海。
ありました!夏限定のスイーツがっ。

さてどんなデザートなのか!指定の住所へレッツ・ゴー!
向かった先は南京西路にある1945年創業の70年老舗レストラン、王家沙(wáng jiā shā)。
上海っ子に名前を言えば、スグに思いつく名店です。

上海人と思われる多くの人達がゾロゾロと店内へ足を進めています。
私も夏のひんやりデザートを楽しむ為に店内へ潜入です!
王家沙

1階と2階のイートインコーナーさて進む先は、どっち?

この南京西路の王家沙には、1階と2階にイートインコーナがあります。
今回はエスカレータに乗って2階のイートインコーナへと足を進めます。
お昼時ということもあり、大盛況。
2階のイートインコーナ
ひんやりスイーツ、イザ実食!と行きたいのですが、折角なので一緒に昼食を取ることに。
料理はメニューと机に置かれた、ラインナップから選べます。

メニューは写真付きなので安心です。
机に置かれたメニューは冷麺系と今回のお目当てメニュー「红豆刨冰(hóng dòu bào bīng)」
の文字が。

メニューから「蟹粉春卷」、机のメニューから「醉肉冷面」「红豆刨冰」を注文。
さて、どんな料理が出て来るのか楽しみです。
メニュー
テーブルメニュー

红豆刨冰の正体は、日本とは違う形のかき氷だった。

注文した冷麺が登場。
茹でたあとに紹興酒に漬けた豚バラ肉がドカッと鎮座した醉肉冷面。
見た目もですが、ボリュームたっぷり。お肉は少ししょっぱ目、夏仕様ですね。
醉肉冷面

蟹味噌が入った春巻き。
パリッと揚げたて、蟹味噌の本来の旬は冬なのですが、今回はチャレンジ。
やっぱり冬の方が濃厚な感じがしました。この店舗は小籠包なども楽しめます。
蟹味噌が入った春巻き

そして今回の目的の红豆刨冰が登場!ドンとジョッキが運ばれてきました。
これがお目当ての红豆刨冰。覗きこんでみると、飲み口までサックサクの氷が。
下には何やら色が違う物体が沈んでいます。
红豆刨冰

氷をシャリシャリとかき分けて進んでいくと、下の層から現れたのは小豆。
これは日本でいう、小豆のかき氷なんですね。日本だと氷の上に具が乗っていますが、
中国の王家沙方式は下に具材で上に氷。日本と中国、違いますねー。
王家沙方式は下に具材で上に氷

たっぷりのあんこ状と粒上の2種類の小豆をスプーンですくいつつ、
氷と一緒に頬張りながら食べ進みます。最後はおしるこのようにズズーッとすすってもOK。
ジョッキに入っているので、そんな楽しみ方もできます。お下品ではないですよね。

味付けは日本のあんこ。最後は冷たいおしるこという感じで楽しめました。
昔ながらの素朴な味付け、他の多くのお客さんもこのジョッキを注文されていましたよ。

最後に今回訪問と注文をして分かった事が!振り返ってみましょう。

ひんやり定番スイーツを楽しむ大切な3つのポイント

実はこのひんやりデザート、ゆっくり楽しむ為には、
今回のように店内に入ってそのままエスカレータで2階へ上がることをお勧めします。

その理由は1階奥のイートインコーナーと、二階のイートインコーナでは、
食べられるグルメが違うため。
ひんやりスイーツ以外に他の軽食やご飯物をゆっくり楽しむ為にも二階へ進みましょう。
それに椅子の作りが二階の方がいいですよ。(笑

第1のポイント

ひんやりグルメを楽しむためには、二階へダッシュ。

今回、軽食とかき氷の注文を一緒にしたのですが、
先に出てきた料理はかき氷が先という事態に!ローカルマスターとしたことが大失態です。

この王家沙は国営企業。基本サービス精神はサラサラ薄いので、
ゆっくりと食後のディナーとしてかき氷を味わいたい場合は別で注文を。
支払いは注文の都度なので問題ありません。

第2のポイント

ひんやりグルメの注文は食後に頼む。食前のデザートになってしまいます。

そして最後に意外と多い料理のボリューム。食べきれなくてかき氷に到達できない恐れも。
その為、料理の注文数量は少なめでいきましょう。あくまで目的はひんやりスイーツ。

第3のポイント

食事の注文は少なめに。(笑

留学で中国グルメを食べつくせ!グルメに関する記事をご紹介

お一人様大歓迎!上海でも単身で楽しめる小籠包グルメ
中国留学グルメ紀行。冬の味覚上海蟹を楽しむ
夏の上海3つのひんやりランチグルメを味わう
日本では味わえない中国暑気払いの緑豆グルメを味わえ
上海留学で中国全土の味を喰らえ!中華グルメ事情
上海留学生活に絶対外せない4つの名物料理!美味しい店選びのポイント
中華グルメ愛が止まらない。東北料理を完全紹介
中国留学グルメ紀行。王道スイーツ生まれはマカオのエッグタルト
中国留学グルメ紀行。四川出身コックが作る痺れる四川料理
中国留学グルメ紀行。上海で台湾料理を。魯肉飯&特選スイーツ
中国留学グルメ紀行。上海最高クラスの蘭州麺を楽しむ
中国留学グルメ紀行。難易度漢字のbiangbiang麺を食そう
腹が減っては勉強出来ぬ!留学で楽しめる神5 定番中華グルメ

王家沙の红豆刨冰

王家沙の红豆刨冰(小豆かき氷)
王家沙(南京西路)
上海静安区南京西路805号(近石门一路)

地下鉄二号線 南京西路2号出口から徒歩3分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽らく短期留学が自信を持ってオススメ! 上海の中国語学校

早文舎の詳しい情報ページへ 漢院中国語学校の詳しい情報ページへ 語楽中国語の詳しい情報ページへ

この記事の著者

楽らく上海短期留学 案内人

楽らく上海短期留学 案内人ジンダオ

上海在住12年目の上海ローカルマスター。
中国語留学にて中国語を習得後、中国語学校の立ち上げに参加。その後、三ヶ月間で全省横断バックパックを実行し中国の広さ、奥深さを痛感。改めて中国に残る生活を選択。
現在は1000万人以上が利用する日本最大級のメルマガ配信「まぐまぐ」内の「MONEY VOICE」と「まぐまぐNEWS」にて、中国人インタビュー、中国生活記事を定期掲載中。
MONEY VOICE
MAG2 NEWS 国際

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る